停滞期に入ってしばらくすると慣れてくる

21-06

停滞期とそれが、呼ばれるものです。この「ホメオスタシス機能」がダイエットをして体重が減ると、働くようになっています。

約1か月程度停滞期は、続きます。食事制限を整然としていても、毎日運動をしていても、停滞期はやってきます。

では、なぜ停滞期と言うのは起こるのでしょうか?「ホメオスタシス機能」というものが人間の体にはあります。すると、体重がまたするすると減り始めますよ。

体がその時の体重に停滞期に入ってしばらくすると慣れてくるので、ホメオスタシス機能が解除されます。ホメオスタシスとは「恒常性」という意味の言葉です。

でも、挫折をそこでしてしまうと元通りになってしまうこともありますし、中にはドカ食いを停滞期のストレスかしてしまって、体重がダイエットを始める前よりも増えてしまう人もいます。体温は常に炎天時も寒冷時も、ほぼ一定に保たれています。

今まで通りにその間は食事制限と運動を続けながら、体重が増えないように気を付けて、体重を維持することに専念するようにしましょう。全然体重が減らず、停滞期に入るとイライラしてしまうかもしれません。

常に36度程度にわたしたちの体温は、保たれていますよね。普通は急激に体重が減るというのはあってはならないことですから、これ以上体重を減らさないように体はしようとするのです。

でも、停滞期をダイエットを成功させるためには乗り越えなければなりません。なかなかダイエットを続けていると、体重が減らない時期がやってきます。

結果が努力してもついてこなくなるので、ダイエットをそこであきらめてしまう人も莫大んですよね。それが、「停滞期」です。

人間の体は、つまり常に一定を保とうとしています。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る